膣トレって一体なに?!おすすめ膣トレグッズも紹介

更年期

骨盤底筋を鍛えるトレーニングを指す「膣トレ」。「膣トレ」というワード自体はよく聞くようになったけど、鍛えることが何につながるのか、膣トレは今の自分に必要なのか、どうやってトレーニングしたらいいのか、実は知らない人も多いのではないでしょうか?今回は膣トレについて基礎的な部分を中心にお伝えするとともに、トレーニンググッズを使って鍛えたい方向けに最新膣トレフェムテックも一緒にご紹介します。

膣トレで骨盤底筋を鍛える!

膣トレとは、骨盤底筋を鍛えるトレーニングのことです。さて、そもそも骨盤底筋とは何なのでしょうか?私たちの下半身にある子宮や直腸、膀胱を支えている「骨盤の底にある筋肉」が骨盤底筋です。これらの臓器を正しい位置に保たれるよう、骨盤の底の空洞を埋めるように筋肉が存在します。また、縁の下の力持ちをしてくれている骨盤底筋は、排泄にも関係しており、力を入れると尿や便を体の中に溜め、力を緩めることで体の外に出します。加齢による筋力の低下や、出産など過剰に筋肉に負荷がかかると骨盤底筋は衰えていきます。では、骨盤底筋は衰えるとどうなるのでしょうか?

骨盤底筋の衰えによる身体のお悩み

臓器の位置を保ったり排泄にも関わっている骨盤底筋は、衰えていくと様々なお悩みが生まれやすくなります。出したくないときに尿が漏れてしまう「尿もれ」や「尿失禁」などの尿トラブルだけでなく、子宮が膣から外に出てきてしまう「子宮脱」、臓器が下がってぽっこりお腹、などお悩みの中身は様々です。衰えていくにつれ、骨盤底筋の厚みはどんどん薄くなってしまうため臓器を支える力が弱くなっていってしまいます。そこで、健康な状態を維持するためにできるトレーニングの一つが骨盤底筋トレーニング、通称「膣トレ」です。膣トレのポイントを続けて紹介します!

膣トレってどうやってするの?

つま先立ちやスクワットなど簡単な動きから、寝転びながら、四つん這いになりながら、など多様なポーズで膣トレを取り入れることができます。どのやり方でも、「力を抜く」と「締める」の意識が大切です。膣トレは、腹筋や胸筋のトレーニングと違って変化を見ることは難しいですが、鍛えることで予防できることや姿勢改善など嬉しいポイントもたくさんあるので、気軽にできそうなものから日常生活に取り入れることがおすすめです。どうせ鍛えるなら正確に鍛えたい、という方におすすめのグッズがあります!

オススメ!便利な膣トレグッズ

膣トレしているつもりだけど、実際どれくらい骨盤底筋が鍛えられているのか分からない…。自分の感覚だけでトレーンングを続けるのは心が折れちゃう…という方にはトレーニンググッズを取り入れてみてはいかがでしょうか?一押しアイテムに、最近フェムテックのお店でも取り扱いが増えているイギリス生まれの骨盤底筋トレーニンググッズ「elvie trainer(エルビートレーナー)」(税込¥29,700)。

製品はシンプルな箱に入っています。
取り出すとこんな感じ。本体(右下)はプラスチックの専用ケースにピッタリと収納できます

elvie trainerは膣トレを自宅で正確に、それでいて気軽に実施できるように工夫されたデバイスです。従来の膣トレの難点は「変化が可視化されない」こと。そこに着目したelvieは、専用のスマホアプリと本体に内蔵されているセンサーが連動することで膣圧を「見る」ことができます。実際に膣を閉めたりゆるめたりする運動を画面越しに見ることで「あれ、力を入れる場所って実はここじゃないのかも!?」と気づくことも。アプリが様々なトレーニング指示を出してくれるので、ゲーム感でしっかりトレーニングができるのです。elvieのデバイス自体を直接膣に入れることに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、elvieは小さめなサイズで肌触りの良い素材、リラックスしやすいグリーンカラー、そしてたったの25g(100円玉5枚分くらい!)という軽さで、どんな女性でも使いやすいよう配慮された製品です。清潔に使えるように、防水加工がされているので使用後は洗って保管できます。定期的に専用ケース自体を充電することでelvie trainerも充電されるので、今よりもっと自分の身体の状態を良くしていきたい方や新たな方法で膣トレを始めたい方におすすめのフェムテックです。

お家にあるあのゲーム機と比べてもelvie trainerはかなりコンパクト!

まとめ

骨盤底筋の説明から、衰えることのデメリット、そして筋力低下の予防としての膣トレについて紹介いたしました。デスクワークが増えて運動する機会が減っている方や産後で体に大きな変化があった方、歳を重ねて筋力が落ちてきた方など、私たちの体は年齢関係なく日々、少しずつ変わっています。この記事が、「自分だけで無理せず、専門家やデバイスに頼りながら体の変化と付き合っていく」きっかけになれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事をSNSでシェアしてね!

女性ホルモン大学スタッフ

1,633 views

女性は初潮を迎えてから長年付き合う生理や、妊娠・産後、更年期などライフステージの変化に伴って様々な体の変化に直面します。そして、そんな女性の人生には常に「女...

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。